鳥の家族

ロシアの鳥-太平洋ギレモット

Pin
Send
Share
Send
Send


  • Cepphus columba columba:北東シベリアからベーリング海およびwアラスカ
  • Cepphus columba adiantus:ワシントンの南にある中央アリューシャン列島
  • Cepphus columba eureka:オレゴンとカリフォルニア
  • Cepphus columba kaiurka:コマンドルスキー諸島からアリューシャン列島中央部
  • Cepphus columba snowi:千島列島
  • もっと見せる。

この分類群を認識する情報源

アメリカ鳥学会第1版(1886年):
ウミバト(Cepphus columba)
アメリカ鳥学会第1版(第1補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)
アメリカ鳥学会第1版(第2補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)
アメリカ鳥学会第1版(第3補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)
アメリカ鳥学会第1版(第4補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)
アメリカ鳥学会第1版(第5補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)
アメリカ鳥学会第1版(第6補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)
アメリカ鳥学会第1版(第7回補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)
アメリカ鳥学会第2版(1895):
ウミバト(Cepphus columba)
アメリカ鳥学会第2版(第8回補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)
アメリカ鳥学会第2版(第9補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)
アメリカ鳥学会第2版(第10回補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)
アメリカ鳥学会第2版(第11回補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)
アメリカ鳥学会第2版(第12回補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)
アメリカ鳥学会第2版(第13補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)
アメリカ鳥学会第2版(第14回補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)
アメリカ鳥学会第2版(第15回補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)
アメリカ鳥学会第3版(1910年):
ウミバト(Cepphus columba)
アメリカ鳥学会第3版(第16回補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)
アメリカ鳥学会第3版(第17回補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)
アメリカ鳥学会第3版(第18回補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)
アメリカ鳥学会第4版(1931年):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第4版(第19回補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第4版(第20回補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第4版(第21補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第4版(第22回補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第4版(第23回補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第4版(第24補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第4版(第25回補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第4版(第26回補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第4版(第27回補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第4版(第28回補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第4版(第29回補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第4版(第30回補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第4版(第31回補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第5版(1957年):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第5版(第32補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第5版(第33補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第5版(第34回補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第6版(1983年):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第6版(第35補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第6版(第36補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第6版(第37回補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第6版(第38回補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第6版(第39回補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第6版(第40補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第6版(第41回補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第7版(1998年):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第7版(第42回補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第7版(第43回補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第7版(第44補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第7版(第45回補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第7版(第46補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第7版(第47回補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第7版(第48補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第7版(第49回補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第7版(第50回補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第7版(第51補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第7版(第52回補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第7版(第53回補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第7版(第54回補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第7版(第55回補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第7版(第56補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第7版(第57補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第7版(第58回補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第7版(第59回補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第7版(第60補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
アメリカ鳥学会第7版(第61回補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
Avibaseの分類学的概念(現在):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
Avibaseの分類学的概念v。 01(2013年8月):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
Avibaseの分類学的概念v。 02(2014年5月):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
Avibaseの分類学的概念v。 03(2015年3月):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
Avibaseの分類学的概念v。 04(2016年8月):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
Avibaseの分類学的概念v。 05(2017年1月):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
Avibaseの分類学的概念v。 06(2018年2月):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
Avibaseの分類学的概念v。 07(2020年2月):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
Birdlifeチェックリストバージョン00:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
Birdlifeチェックリストバージョン01:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
Birdlifeチェックリストバージョン02:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
Birdlifeチェックリストバージョン03:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
Birdlifeチェックリストバージョン04:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
Birdlifeチェックリストバージョン05(2012年6月):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
Birdlifeチェックリストバージョン05.1(2012年10月):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
Birdlifeチェックリストバージョン06(2013年11月):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
Birdlifeチェックリストバージョン06.1(2014年2月):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
Birdlifeチェックリストバージョン07(2014年7月):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
Birdlifeチェックリストバージョン08(2015年10月):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
Birdlifeチェックリストバージョン09(2016年12月):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
Birdlifeチェックリストバージョン09.1(2017年6月):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
HBWおよびBirdLife分類チェックリストv2(2017年12月):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
HBWおよびBirdLife分類チェックリストv3(2018年11月):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
HBWおよびBirdLife分類チェックリストv4(2019年12月):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
HBWおよびBirdLife分類チェックリストv5(2020年12月):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
Commission internationalepourlesnomsfrançaisdesoiseaux(1993、改訂2009):
Guillemot colombin(Cepphus columba)[バージョン1]
Commission internationalepourlesnomsfrançaisdesoiseaux(1993):
Guillemot colombin(Cepphus columba)[バージョン1]
クレメンツ第1版:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
クレメンツ第3版:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
クレメンツ第4版:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
クレメンツ第5版(公開時):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
Clements第5版(2000年の改訂を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
クレメンツ第5版(2001年改訂を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
クレメンツ第5版(2002年改訂を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
Clements第5版(2003年の改訂を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
Clements第5版(2004年の改訂を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
Clements第5版(2005年の改訂を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
クレメンツ第6版:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
Clements第6版(2007年の改訂を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
Clements第6版(2008年の改訂を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
クレメンツ第6版(2009年改訂を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
Clements第6版(バージョン6.5(2010年の改訂を含む)):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
Clements第6版(バージョン6。6、2011年の改訂を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
クレメンツ第6版(バージョン6。7、2012年改訂を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
Clements第6版(バージョン6。8、2013年の改訂を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
Clements第6版(バージョン6。9、2014年の改訂を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
Clements、バージョン2015:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
Clements、バージョン2016:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
クレメンツ、バージョン2017:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
クレメンツ、バージョン2018:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
クレメンツ、バージョン2019:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
eBirdバージョン1.50:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
eBirdバージョン1.52:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
eBirdバージョン1.53:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
eBirdバージョン1.54:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
eBirdバージョン1.55:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
eBirdバージョン2015:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
eBirdバージョン2016:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
eBirdバージョン2017:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
eBirdバージョン2018:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
eBirdバージョン2019:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
ハワードとムーア第2版:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
ハワードとムーア第2版(?補足を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
ハワードとムーアの第3版(公開時):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
ハワードとムーアの第3版(正誤表1.2を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
ハワードとムーアの第3版(正誤表2.1を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
ハワードとムーアの第3版(正誤表3.1を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
ハワードとムーアの第3版(正誤表4を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
ハワードとムーアの第3版(正誤表5を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
ハワードとムーアの第3版(正誤表6を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
ハワードとムーアの第3版(正誤表7を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
ハワードとムーアの第3版(正誤表8を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
ハワードとムーア第4版(vol.1-2):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
ハワードとムーア第4版(正誤表vol。1-2を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
世界の鳥のハンドブック(vol 1-16):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
生きている世界の鳥のハンドブック(2015年1月31日):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
生きている世界の鳥のハンドブック(2017年3月7日):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
世界の鳥と鳥類のハンドブック(2017年12月):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
世界の鳥と鳥類のハンドブック(2018年12月):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン1.0:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン1.1:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン1.5:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン1.6:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン1.7:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン2.0:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン2.1:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン2.2:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン2.3:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン2.4:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン2.5:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン2.6:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン2.7:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン2.8:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン2.9:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン2.10:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン2.11:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン3.1:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン3.2:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン3.3:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン3.4:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン3.5:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン4.1:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン4.2:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン4.3:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン4.4:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン5.1:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン5.2:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン5.3:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン5.4:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン6.1:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン6.2:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン6.3:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン6.4:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン7.1:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン7.2:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン7.3:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン8.1:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン8.2:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン9.1:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン9.2:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン10.1:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン10.2:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
IOC World Bird Names、バージョン11.1:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
モロニー、ボック、ファランド:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
オリエンタルバードクラブ:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
ジェイムズ・リー・ピーターズ:
Cepphus columba [バージョン1]
ジェイムズ・リー・ピーターズ(オリジナル):
Cepphus columba [バージョン1]
ジェイムズ・リー・ピーターズ(第2版):
Cepphus columba [バージョン1]
シブリーとモンロー(1993):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
Sibley and Monroe(1993、1998年までの修正を含む):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
シブリーとモンロー第2版(1996年):
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
ワーキンググループ鳥類チェックリスト、バージョン0.01:
ウミバト(Cepphus columba)[バージョン1]
動物命名規約-動物命名規約リソース:
Cepphus columba [バージョン1]
動物命名規約-動物命名規約リソース:
Cepphus columba [バージョン1]

分類学的ステータス:

ステータスの表示: 完全な種(時には亜種)

この分類群は、Cepphus [grylle or columba]の亜種です(sensulato)一部の著者による

パシフィックギレモットCepphuscolumba

10.12.4も参照してください。イベリアウミガラス属-Cepphus

パシフィックギレモット Cepphus columba

翼の白い斑点は黒い縞模様で解剖され、腋窩の羽は灰色です。

冬には、側面は茶色がかった横縞で、背面は灰色です。チュクチ東部と極東海(日本海を除く)の海岸で繁殖し、カムチャツカ半島と千島列島の沖で冬を過ごします。

ロシアの自然の百科事典。 -M。:ABF。

R.L.ベーメ、V.L。 Dinets、V.E。フリント、A.E。チェレンコフ。

Ⓘパシフィックギレモット

パシフィックギレモットは、ギレモットファミリーの中型の海鳥です。これは、ギレモット属の関連種、主に一般的なギレモットと非常によく似ており、わずかに大きいだけです。

成虫の標本は、羽に白い斑点がある黒い羽毛を持っています。暗いくちばしはかなり薄く、足は赤いです。冬になると、羽の上部は灰色がかった色になり、下部は白くなります。ウミバトは素早く走ることができ、ほぼ直立した姿勢で立つこともできます。

太平洋のイベリアウミガラスは、北太平洋の岩だらけの島の小さなコロニーに巣を作ります。それらの範囲はカムチャッカから北アメリカに及び、アラスカからカリフォルニアまでの海岸全体に沿って見られます。冬には、イベリアウミガラスがアラスカから南部の氷のない地域に飛んでいきます。カリフォルニアの鳥は北にブリティッシュコロンビアに移動します。原則として、成虫は生まれた場所と同じ場所に巣を作ります。彼らは通常、小さな洞窟やニッチに巣を作ります。 Guillemotsは、他の海鳥の放棄された巣をよく使用します。他の種のウミスズメとは異なり、彼らは毎回2つの卵を産みます。

食べ物を探すとき、太平洋のイベリアウミガラスは空気からではなく、水面から飛び込みます。彼らは浅く潜り、魚、カニ、その他の海洋動物を捕まえます。

Pin
Send
Share
Send
Send